とあるラノベ編集の備忘録

face_header

はじめまして。

ライトノベル編集者・nobolithのサイト「とあるラノベ編集の備忘録」へようこそ。

ここは、小説家になりたい方の役に立つ情報を中心に、ライトノベル編集者が日々感じたこと、覚えたことなどを書き留めていくブログです。

筆者はライトノベル編集者ですので、ライトノベルの書き方やライトノベル作家のなり方などを記事のメインテーマにしようと思います。

ライトノベルを書いてみたいけどなにから始めたらいいか分からない。そんな方のお役にすこしでも立てればうれしいです。

ライトノベルは誰にでもは書けない。

124047986792159692d8a5a57d12c8fb_s

小説は誰でも書ける

よく、小説は誰にでも書ける、という話を耳にします。文字を読めること、書けること。それだけできれば小説はどんな人にも書ける、と。それはたしかにそうかもしれません。小説にはつきつめると決まりごとはなく、いかなる文章の羅列であってもそれを筆者が「小説だ」と認めるかぎり、まちがいなく小説になります。主語と述語がどうだとか、洗練されていなければ小説ではないとか、そういうことはささいなことです。小説を小説たらしめるものは、筆者の主観です。

だけどライトノベルはそうはいかない

では、ライトノベルはどうでしょうか? ライトノベルは、実は誰にでも書けるわけではありません。由緒ある文学賞には通用しそうにないけど、ライトノベルだったら俺でも書けそうじゃん。これはまるきり誤解です。誰でも書けるように見えるけど、実際はそんなことはないのです。もちろん中には、簡単そうだから書いてみたら実際にデビューできた、という人もいるでしょう。それは、その人が運良くライトノベルを書ける側の人だったということ。信じられないかもしれませんが、書いたものをちゃんとライトノベルにできるのは、意外にも難しいことなのです。

ライトノベルを書くには、しっかりした指針と、覚悟が必要です。

このサイトでは、ライトノベルを書きたい人がライトノベルではない何かを書いてしまうのをふせぐお手伝いをします。

ライトノベル編集者になる方法を知りたい。

96da01a78904f6b642df11eaf796b7a8_s

編集者は誰でもなれる

このサイトで扱うもうひとつのテーマは、編集者の仕事についての情報です。

あるいは編集者になる方法、編集者のなり方について、分かる範囲で書いていきます。

ただ、期待をうらぎるようで申し訳ありませんが、こちらはあまりためになるようなことは書けないかもしれません。いかにして編集者が編集者になるか。それは私も知らないからです。免許があるわけでもなし、ある日とつぜん編集者になります。これまた先ほどと同じような話ですが、編集者もまた言ったもの勝ちみたいなところがあって、自分が自分を編集者だと思えば編集者なのです(ほんとかよ)

ライトノベル編集者のなり方は、ライトノベル編集者も知らない

ライトノベル編集者のなり方は決まっていませんが、ライトノベル編集者と一口にいっても千差万別です。仕事のうまい編集者もいれば、そうでない編集者もいます。人格と仕事の成果がちっとも一致していないタイプもいますし、どこからみても隙がないようなパーフェクト超人みたいな編集者もいます。

さきほどの「編集者のなり方を知らない」うんぬんは、つまり「優れた編集者になる方法を知らない」という意味とも重なっています。日々、どうすれば編集者としてより良い働き方ができるのか?と自問自答をくりかえす。浮かびあがった思考の泡沫を、このサイトに書くこともあるかもしれません。

それでは、当サイトをどうぞよろしくお願いします。